HOME > 安心と安全 > 耐震強度

安心と安全- 耐震強度 -

デカ木住宅 耐震強度立証

「耐震強度実験」の結果、震度7の地震に耐えられる家造りを確保している事が立証されました。
最近発生した下記地震の震度でも、倒壊を防ぐ強度を備えています。

※新潟県中越沖地震・・・震度6強(2007/7/16)

※能登半島地震・・・震度6強(2007/3/25)

実験内容詳細

デカ木住宅標準仕様

許容耐力 4.20kN

最大耐力 17.05kN

柱180mm×180mm(6寸角)
梁150mm×360mm(5寸×尺2寸)

デカ木住宅標準仕様

許容耐力 0.64kN

最大耐力 4.97kN

柱120mm×120mm(4寸角)
梁120mm×180mm(4寸×6寸)

グラフ

実験結果

1.耐震等級3の強度を確保

耐震等級3とは、建築基準法の1.5倍の性能です。これは、震度7の地震発生時に建物が倒壊・崩壊 しない程度の強さであることを示します。

2.架構の耐震性能は一般住宅の約6.5倍

一般的な住宅では、筋かいや壁が必要になる広い間口も、柱と梁だけで作ることが可能です。 そのため、デカ木住宅は壁の少ない、広い空間のある建物の建築が可能になるのです。

耐震性能がほぼ等しい架構

デカ木住宅標準仕様

筋かいや壁が不要なため、広い間口を実現

柱180mm×180mm (6寸角) 梁150mm×360mm (5寸×尺2寸)

一般的住宅標準仕様

筋かいや壁が必要なため、狭い間口となる

柱120mm×120mm (4寸角) 梁120mm×180mm (4寸×6寸)

ページの先頭へ